性的快感

バストアップに必要な女性ホルモンの低下?

バストアップには女性ホルモンが必要不可欠ですが、実はこの女性ホルモンはある時期を境に減少していく傾向にあるのです。
女性は20歳までを境に増加し、その後27歳辺りまでは絶頂期に入り安定します。
しかし、それ以降からは減少する一方で、増えることがなくなります。

しかし、妊娠すると減少していた女性ホルモンが増えて行き、お腹の子供を育てられるように体が作られます。
そのため、妊娠すると胸が大きくなるなどの効果があるのです。
ですが、子供が生まれると、女性ホルモンは急激に減って行きます。

その後からだが元のリズムになるまで時間がかかるため、だんだんとバストがしぼんでいき垂れてしまうという自体も起こってしまうのです。
また、夜泣きなどで睡眠が取れないと女性ホルモンの分泌が少なくなるため、更に回復が遅れてしまいます。
女性ホルモンを減らさないよう、ケアを出来る限りするようにしましょう。

その他にも、不健康な生活をしていたり、ストレスが溜まると女性ホルモンが低下していきます。
出来る限り、心に負担のかからないように、過ごしていくことが大切です。
バストアップには、心身ともに健康である、きちんと睡眠を取る、ということが必須条件なのですね。

このページの先頭へ